クラブ紹介

  • HOME »
  • クラブ紹介

会長挨拶

伊勢崎中央ロータリークラブ会長方針

会長 北原 康男

国際ロータリー2018~2019年度会長 バリー・ラシン氏は、テーマとして

「インスピレーションになろう」(原語:Be the Inspiration)を掲げています。そしてラシン会長がこのテーマに込めたメッセージは、変化を生み出そうという意欲をロータリアンの心に芽生えさせていただき、もっと何かをしよう、可能性を最大限に発揮しようというやる気を引き出し、各人のやり方で前進して頂きたい、という意味が込められています。

また、国際ロータリー新ビジョンとして、「私たちロータリアンは,世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています。」と提唱しています。これはロータリアンが一緒になり、ロータリーが社会と一緒になって、次の世代にまで繋がる持続可能な変化を生み出すこと。そしてそのためには、まず自らを改革して創造的刺激を与える人になることをテーマとしています。

第2840地区 宮内敦夫ガバナーは、「インスピレーションになろう Be the Inspiration」を受けて次のメッセージを発しています。

「クラブを元気に、世界に奉仕を、みんなで回そうロータリーの輪」

具体的には、親睦を図り、元気で楽しいクラブを作り、社会のニーズに応えた奉仕活動をし、社会と連携することを目指すことを提唱しています。そしてこのための地区目標を次のように定めています。

1.ロータリー賞を目指そう

2.クラブを活性化しよう<魅力あるクラブを創るために>

3.ロータリー活動を通して自己形成しよう

4.地区・クラブのビジョン(戦略計画)を持とう

5.公共イメージと認知度の向上を図ろう

6.ロータリー財団の補助金を活用して地域・社会に奉仕をしよう

7.2840地区の数値目標を達成(会員増強:会員数の5%以上、財団寄付150ドル以上、メジャードナー5名以上、ポリオ寄付30ドル以上、米山奨学金寄付16,000円以上)

  • 地区大会全員参加及びRotary Dayの開催、IMの開催

 

これらの方針をもとに当クラブの本年度は、会員一人ひとりの個性とスキルを生かしながらトータルパワーを発揮して、例会、奉仕活動、親睦イベント、そして趣味の会に、楽しくて魅力ある、充実したクラブの活動を目指します。会員各位のご協力をお願い致します。

 

活動重点目標

  • 新入会員が個性とスキルを活かして活躍できるクラブを目指す。
  • 未来の夢計画の活動を通して公共イメージと認知度を向上させる。
  • 会員増強と退会防止活動を強力に実行し、特に女性会員を充実させる。
  • 過去の活動習慣にとらわれず、クラブの充実と発展に効果があると思われることは積極的に実行する。

 

数値目標

  • 会員増強 年度末純増 6名(女性会員3名以上目標)
  • ロータリー財団寄付 1人150ドル以上
  • ポリオ寄付 1人30ドル以上
  • 米山奨学金寄付 1人16,000円以上
  • 例会出席率 自クラブ出席 85%以上

——————————————————————————————

 

役員

会 長 北原 康男  理事 会員増強退会防止 小久保 剛利
会長エレクト 松原 香  理事 国際奉仕 都丸 真査瑠
副会長 松原 香 理事 職業奉仕 泉 哲雄
幹 事 金井 利明 理事 社会奉仕 新井 孝也
副幹事 上柿 敬一 理事 青少年奉仕 大木 学
会 計 猪俣 素芳 理事 親睦 塩屋 新一
直前会長 金子 克次 理事 R財団 新井  聡
SAA 滝川 勝賢

 

SAA 滝川 勝賢 松永 文彦
赤堀 哲也
澁澤 克也
大和 祥晃
髙木 謙
金井 敦史
中島 省三
荒井 孝宣
菅家 世誉
櫻井 保志
金井 勇太
石原 秀樹

委員会

 

委員会 委員長 副委員長 委  員
会員増強退会防止 小久保 剛利 服部 忠夫 大平 雄伸 小林 正弘
職業分類 船田 正 岡村 皓司 羽鳥基宏
会員選考 池田 博 桑原 勝 金子 克次
ロータリー情報 藤田 政幸 大竹昌樹 松原 香
広報・IT 木暮 晃 牛久保 拓 清水 秋夫
職業奉仕 泉 哲雄 三井 秀之 辻 憲治
社会奉仕 新井 孝也 高木 均 雨宮 昭一 吉澤 千恵子
国際奉仕 都丸 真査瑠 橋本 力 吉田 雅志 根岸 徹郎
青少年奉仕 大木 学 髙橋 淳子 古賀義朗 原 和隆
クラブ奉仕 髙橋 大之 長谷川 修志 星野 昭
出  席 浅野 香奈 金田一 英孝 市来 美恵子
クラブ会報 石原 慎二 小保方 英雄 廣村孝之
親  睦 塩屋 新一 児島 清文 塚越 郁夫
加賀谷 富士子
細井 一樹
山谷 良一
髙野 佳数
宮田 伸之
北原 由美子
大橋 祐介
岡田 浚
雑誌 角田 修 千吉良 勝美 石井 宣義
プログラム 松本 利宏 小野岳彦 久保 勲
ニコニコBOX 新井 洋介 栗原 智久 大美賀 勤
井上 芳之
ロータリー財団 新井 聡 中嶋 創史 久保田 金次
矢内 敏博
米山奨学 田島 義文 高沢 克治 山崎 泰男

事務局

事務局 伊勢崎市今泉町1-9-7 ニューいづみ内
TEL 0270-20-6000 FAX 0270-20-6001
メールアドレス isesaki-chuo@rid2840.jp
例会場 伊勢崎市今泉町1-9-7
(株)泉屋本店ニューいづみ
TEL 0270-25-6633
例会日 毎週木曜日 PM12:10
取引銀行 東和銀行伊勢崎支店
会員数 2015年7月1日現在 73名
平均年齢 最年長者 田村 直行 86才 最年少者 赤堀 哲也 40才 平均57.5才
創 立 仮発会式(創立) 1975年2月6日 伊勢崎商工会議所
R・I加盟承諾 1975年3月31日
チャーターナイト 1975年5月18日 伊勢崎市役所社会体育館
チャーターメンバー 57名
創立当時のガバナー (故)馬場金太郎氏(中条クラブ)
スポンサークラブ 伊勢崎クラブ
特別代表 柏井作次郎氏(伊勢崎クラブ)
略 歴 ライラ研修会 2015年10月24日~25日 赤城少年自然の家
40周年記念式典 2015年3月28日 ニューいづみ
IntercityMeeting 2014年3月23日 ニューいづみ
地区協議会 ホスト開催 2009年5月16日 伊勢崎市文化会館
30周年記念式典 2005年4月14日 ザクレインパーク山楽荘
Intercity Meeting 2002年9月8日 群馬県総合教育センター
地区大会 1997年10月25・26日 伊勢崎市文化会館
クラブ会長エレクト研修セミナー 1997年4月26日 高崎サンパレス
久保田昭治ガバナー輩出 1997年~1998年
ガバナー事務所設立 1997年~1998年
20周年記念式典 1995年4月13日 伊勢崎ロイヤルホテル
地区拡大創立総会 1994年4月4日 ニューいづみ
伊勢崎東クラブスポンサー
I・G・F 第256地区 1987~88年度
1987年9月13日 伊勢崎市文化会館
10周年記念式典 1985年4月25日 伊勢崎市文化会館
PAGETOP
© 2016 伊勢崎中央ロータリークラブ